ヤマダ提携情報でインサイダー疑い、住宅設備元社長ら逮捕

アサヒ衛陶元社長の町元孝二容疑者
アサヒ衛陶元社長の町元孝二容疑者

家電量販最大手「ヤマダデンキ」(群馬県高崎市)と、東証2部上場の住宅設備メーカー「アサヒ衛陶(えいとう)」(大阪市)との業務提携に関する未公表情報をもとに株取引をしたとして、大阪地検特捜部は26日、金融商品取引法違反(インサイダー取引)の疑いで、アサヒ衛陶元社長の町元孝二容疑者(61)と、京都市下京区の会社経営、上中康司容疑者(59)を逮捕した。特捜部は2人の認否を明らかにしていない。

アサヒ衛陶はトイレの便器や洗面化粧台などの製造会社で、平成29年11月8日に、ヤマダデンキとの業務提携を公表した。

逮捕容疑は共謀し、両社の業務提携が公表前だった29年8月9日~21日、インサイダー情報をもとにアサヒ衛陶株計5万株を計約581万円で買い付けたとしている。また、上中容疑者は、町元容疑者からインサイダー情報の漏洩(ろうえい)を受け、同年8月4日~11月7日、自らが経営する会社名義などで、同様に計65万株を計約8688万円で買い付けたとしている。株価変動に乗じた売買で利益を得る目的だったとみられる。

アサヒ衛陶株の1株当たりの価格(調整値)は、提携公表前の29年11月2日時点で1460円だったが、公表後の30年1月5日には3310円に上昇した。

逮捕前の今月20日、産経新聞は町元容疑者に取材を申し込んだが「何も話すことはない」とだけ答えた。

ホームページによると、アサヒ衛陶は昭和25年に大阪市住吉区で「丹司製陶」として設立し、39年に現在の社名に変更。42年に大阪証券取引所2部へ上場し、平成25年の現物株式の市場統合で東京証券取引所2部に上場した。

会員限定記事会員サービス詳細