約30年前の宝石盗難で悪化…サウジとタイが関係修復

25日、サウジアラビア・リヤドでタイのプラユット首相(左)と会談するムハンマド皇太子(サウジアラビア王室提供・AP)
25日、サウジアラビア・リヤドでタイのプラユット首相(左)と会談するムハンマド皇太子(サウジアラビア王室提供・AP)

サウジアラビアは25日、1989年のサウジ王室での宝石大量盗難事件をめぐり悪化していたタイとの関係を完全に修復したと発表した。タイのプラユット首相がサウジを訪問し、ムハンマド皇太子と会談して合意した。サウジの国営通信が伝えた。

事件は1989年に発生。サウジ王室で働いていたタイ人の使用人が、2000万ドル(当時約25億円)相当の大量の宝石類を盗みタイに持ち帰った。タイ当局がまもなく使用人を逮捕、宝石はサウジ側に返還されたが多くが偽物で、タイ警察幹部による着服疑惑が出た。

サウジ側は激怒、外交関係の格下げや、労働者受け入れ禁止などの措置を取った。

25日の共同声明では、タイ側が事件解決に果たしてきた努力を確認し、双方が近く大使を任命することなどで合意した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細