首相「重大な懸念」 ウクライナ情勢

衆院予算委で答弁のため挙手をする岸田文雄首相=26日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)
衆院予算委で答弁のため挙手をする岸田文雄首相=26日午前、国会・衆院第1委員室(矢島康弘撮影)

岸田文雄首相は26日の衆院予算委員会で、緊迫するウクライナ情勢に関し「国境周辺におけるロシア軍増強の動きなど重大な懸念をもって注視している。ウクライナの主権や領土は重要な問題だ」と述べた。今後の日本の対応について「先進7カ国(G7)の枠組みを重視しながら適切に対応していかなければならない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細