現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

五輪開催の懸念はどこへ消えた 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

ジェイソン・モーガン氏
ジェイソン・モーガン氏

最近、知り合いが私にとてもおもしろいことを言った。「北京オリンピック(五輪)が近づいているが、新型コロナウイルスを理由に中止を求める人は、どこにいったのか?」

確かにその通りだ。2020年の東京五輪・パラリンピックは、21年に延期され、かろうじて無事に開催できた。しかし、その開催にあたっては、中国・武漢発の疫病が世界を患わせて以来、東アジアを専門にする反日的な学者、ジャーナリストなどが、中止を繰り返し求めてきた。

「日本専門家」の五輪叩き

例えば、アメリカ人ジャーナリスト、ジェイク・エーデルスタイン氏は、東京五輪叩(たた)きに熱心だった。21年7月には連名で、米ニュースサイト「ザ・デーリー・ビースト」に、「東京は狂ったように、ワクチン接種を大幅に欠いているボランティア軍団をオリンピックに派遣する」という見出しで、容赦なく、日本政府と日本国をバッシングした。

「東京はワクチン接種を遅らせることによって、オリンピックのボランティアを歩くスーパースプレッダー(通常より多くの人に感染を広げる人)の群れに化しているようだ」と、その記事で恐怖を煽(あお)った。エーデルスタイン氏はアメリカでは信頼されている「日本専門家」だ。

ランキング

  1. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  2. 【産経抄】5月25日

  3. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  4. 【産経抄】5月24日

  5. 【正論】中絶の「死の文化」を広げぬため 麗澤大学准教授 ジェイソン・モーガン

  6. 【浪速風】はじめてのおつかい

  7. 【長州正論】「日本は自立への覚悟を決めよ」湯浅博特別記者

  8. 【主張】中国の邦人死亡 全力で救出を試みたのか

  9. 【湯浅博の世界読解】ロシアの戦略的な敗北シナリオ

  10. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

会員限定記事