韓国の佐渡金山反発に「不当で遺憾」 自民・茂木幹事長

自民党の茂木幹事長
自民党の茂木幹事長

自民党の茂木敏充幹事長は25日午前の記者会見で、「佐渡島の金山」(新潟県)の世界文化遺産への推薦をめぐる韓国の反発について「根拠がなく不当で、極めて遺憾だ」と強調した。推薦の是非については「登録を実現する上で何が最も効果的かという観点から政府が総合的な検討を行っており、政府の対応を待ちたい」と述べた。

韓国は、朝鮮半島出身者が過酷な労働に従事したと主張。政府は「登録が見込めない」(外務省幹部)との理由から、国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦書提出を見送る方向で調整している。

会員限定記事会員サービス詳細