現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

子育てはデコボコ道

反抗期でストレスぶつける発達障害の息子 親のケアも大切

発達障害のある息子、リュウ太の反抗期について、以前に『ペアレント・トレーニングのおかげで、それほどこじれることなく乗り越えられた』とお伝えしましたが、週に一度は派手にケンカしていました。

息子は人を怒らせることにかけては天下一品。人を小馬鹿(ばか)にするセリフを次々と吐き、揚げ足をとってきます。子供の悪たれ口など聞き流せばいいのですが、ついイラっとしては売り言葉に買い言葉。最後はお互いにそっぽを向いて怒りが収まるまで口をきかない―という低レベルな戦いを繰り広げていました。

中学生になると定期的に挑発的な態度をとるので、「日頃のストレスを私に向けて発散したいんだ!」と気づきました。私自身、中学生になってもテスト勉強をせず、教科書やプリントを部屋中に散らかしても平気な息子にイライラ。ひげやすね毛の生えてきた姿に、「わが子ってかわいい」とは思えません。

そんなとき、雑誌の取材で『イライラしない、怒らない ADHDの人のためのアンガーマネジメント』(講談社)などの著書がある高山恵子さんにお会いし、育児ストレスへのアドバイスをいただきました。

ランキング

  1. 【ソウルからヨボセヨ】車は〝下車感〟が重要

  2. 【産経抄】5月28日

  3. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

  4. 【緯度経度】ウクライナ…仏独に出番はあるか 三井美奈

  5. 【主張】中露が拒否権行使 北を焚き付け平和乱すな

  6. 【主張】訪日観光客の解禁 コロナと共存し回復図れ

  7. 【記者発】自転車事故、リスク共有で防げ 大阪社会部・清宮真一

  8. 【浪速風】人のふり見て、わがふり直せ

  9. 【正論】「国家神道」は戦時下の反日宣伝 東京大学名誉教授・平川祐弘

  10. 【産経抄】5月27日

会員限定記事