フォト特集

国内感染者初の6万人超 まん延防止34都道府県に拡大

福岡県が認めた「感染防止認証店」の利用を呼び掛ける大型ビジョンの表示=25日午後、JR博多駅
福岡県が認めた「感染防止認証店」の利用を呼び掛ける大型ビジョンの表示=25日午後、JR博多駅

政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を持ち回りで開き、コロナ対応の改正特別措置法に基づくまん延防止等重点措置を18道府県に追加適用すると決定した。期間は27日から2月20日まで。9日から適用されている沖縄、広島、山口3県も今月31日までの期限を2月20日まで延長した。オミクロン株の感染急拡大が各地で続き、対象地域は34都道府県に拡大。 国内で25日報告された新規感染者は過去最多の6万2610人と初めて6万人を超えた。

ギャラリーページで見る

新たに適用される18道府県は北海道、青森、山形、福島、茨城、栃木、石川、長野、静岡、京都、大阪、兵庫、島根、岡山、福岡、佐賀、大分、鹿児島。21日から対象となっている首都圏を含む13都県は、2月13日までの期限を維持する。


会員限定記事会員サービス詳細