太陽光計画に環境相意見、見直し初要求 土砂災害を懸念

山口壮環境相(日野稚子撮影)
山口壮環境相(日野稚子撮影)

山口壮環境相は25日、埼玉県小川町で計画されている大規模太陽光発電所(メガソーラー)の環境影響評価(アセスメント)で、計画の抜本的な見直しを求める意見を萩生田光一経済産業相に提出した。盛り土の大量使用による土砂災害の恐れなどを重くみた。令和2年4月にアセス対象に加わった太陽光発電で、環境相が抜本的見直しを求めるのは初めて。

環境影響評価法に基づく意見で、見直しができない場合は「事業実施の再検討を強く求める」とした。経産相は、意見を踏まえて事業主体の「小川エナジー合同会社」に改善などを勧告する。

「50年脱炭素社会の実現」には太陽光をはじめとする再生可能エネルギーの拡大が必要だが、土砂崩れなど問題が相次ぎ、反対運動も広がっている。

会員限定記事会員サービス詳細