現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

聖徳太子伝

母ゆかりの尼寺、謎めく創建の様相 寺宝は国内最古の刺繍

聖徳太子の母ゆかりの 中宮寺が所蔵する国宝・天寿国繡帳の複製品。仏や僧、仏殿などが表されている(前川純一郎撮影)
聖徳太子の母ゆかりの 中宮寺が所蔵する国宝・天寿国繡帳の複製品。仏や僧、仏殿などが表されている(前川純一郎撮影)

飛鳥時代の偉人、聖徳太子(574~622年)の1400年遠忌が去年から今年にかけて営まれている。太子をめぐる謎に始まり、若き日の足跡や政策、聖地・法隆寺、そして時を超えて親しまれる太子の姿をたどってきた「和をつなぐ」も最終回。第6部では、ご当地の奈良、大阪から兵庫、東近江、関東へと全国に広がり、日本人の心をとらえた各地の太子信仰を紹介する。

菩薩半跏像、重なる母の面影

悠久の歴史をたたえる聖徳太子信仰の聖地、奈良県斑鳩(いかるが)町の法隆寺。一帯は太子ゆかりの寺院の集積地で、長く人々の心のよりどころとなってきた。

国宝・五重塔を含めた『斑鳩三塔』(ほかに法輪寺、法起寺)はよく知られたところだが、太子が住んだ斑鳩の宮跡に建つ夢殿(国宝)の東隣にもう一つ、別の寺院がある。皇女らが入る尼門跡寺院として歩んできた中宮寺。歴史は飛鳥時代にさかのぼり、太子の母で31代用明天皇皇后、穴穂部間人皇女(あなほべのはしひとひめみこ)の宮を寺に改めたと伝わる。

有名なのは国宝の本尊・菩薩半跏(ぼさつはんか)像だろう。飛鳥時代の傑作で、左足を垂れて右足をその膝の上に組んで腰掛け、右手を頬に添える「半跏思惟(しゆい)」という姿。人々をいかに救うか物思いにふける姿といい、ほほ笑みはどこまでも優しい。像の由来は不明だが、その姿は和を重んじた太子、それを見守った母とも重なる。

中宮寺跡、不明な部分も

「中宮寺跡は『斑鳩三塔』に比べて知られておらず、太子ゆかりの地としてもっと発信したい」。そう話すのは、現地で発掘調査を担当した斑鳩町教育委員会の荒木浩司係長だ。

ランキング

  1. 塩野義のコロナ飲み薬 20日に審議、厚労省分科会

  2. 東京都、8341人感染確認

  3. 次世代型原子炉「福井で」 県経団連がエネ庁に提言

  4. 保育所で108人食中毒 下痢や発熱、千葉・船橋

  5. オミクロン新派生型「BA・4」「BA・5」 感染力、病原性高いか

  6. 医師に聞いた!貧乳・巨乳になる理由

  7. コロナ全国で再拡大 4・5万人 「BA・5」増加

  8. 【びっくりサイエンス】片頭痛の痛み 実は想像以上に物凄い

  9. 【教えて!goo】医師が解説 焼肉を食べると下痢になる2つの理由とは

  10. 伊勢神宮大宮司に久邇氏、旧皇族出身の元商社マン

会員限定記事