宮城・村井知事 佐渡島の金山「登録は当然、毅然とした態度を」

佐渡島の佐渡金山・道遊の割戸=新潟県・佐渡島(撮影・古厩正樹)
佐渡島の佐渡金山・道遊の割戸=新潟県・佐渡島(撮影・古厩正樹)

宮城県の村井嘉浩知事は24日の定例会見で「佐渡島の金山」(新潟)の世界文化遺産推薦に関し「国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産に登録されて当然だ。(政府は)毅然(きぜん)とした態度で臨んでよいのではないか」と述べた。

佐渡島の金山をめぐり、韓国が朝鮮半島出身者が過酷な労働に従事したとして反発。政府は「登録が見込めない」との理由から推薦を見送る方向で調整しているが、世界遺産登録を働きかけてきた新潟県の花角英世知事は「棚上げや先送りはしないでもらいたい」と苦言を呈していた。

会員限定記事会員サービス詳細