名大元院生の論文 実験データ捏造など不正12件発見

名古屋大学
名古屋大学

名古屋大は24日、大学院博士課程に在籍していた元学生が執筆した学術論文に、実験データの捏造(ねつぞう)など12件の不正が見つかったと発表した。元学生は「理想のデータに近づけるため故意にやった」と認めているという。

名大によると、不正は令和2年11月、元学生の自己申告で発覚。学内に設置した調査委員会が調べたところ、化合物の実験結果を示す図表の加工に加え、分析データの数値の捏造や改竄(かいざん)があることを確認した。論文は学術誌に掲載されたが、元学生が所属していた研究室が再実験を実施し、正しいデータに訂正した。結論部分に影響はなかったという。

元学生はすでに大学院を修了しているため、名大は処分しない方針。

会員限定記事会員サービス詳細