和歌山で308人感染 2人死亡、オミクロン疑い

和歌山県庁=和歌山市
和歌山県庁=和歌山市

和歌山県は23日、新型コロナウイルスに感染していた男性2人の死亡と、幼児から80代の男女308人の感染を発表した。県内の感染確認は7833人、死者は64人になった。死亡した2人は和歌山市の30代と80代の男性で、オミクロン株に感染していた疑いがある。死者の発表は昨年10月9日以来。

県は23日までに和歌山市の障害者支援事業所で7人、同市の病院で5人、白浜町の介護関連施設で9人の感染を確認し、いずれもクラスター(感染者集団)と認定した。

会員限定記事会員サービス詳細