大阪・門真のマンション一室に白骨化遺体

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

23日午後1時15分ごろ、大阪府門真市舟田町のマンションの一室で「白骨化した死体がある」とマンションのオーナーの息子から110番があった。大阪府警門真署員が駆け付けたところ、室内で白骨化した遺体がみつかった。死後数年が経過しているとみられ、同署が身元と死因を調べている。

同署によると、この部屋は70代の男性が一人で住んでおり、平成29年4月から家賃の滞納が続いていたという。遺体は和室の畳の上で発見され、室内に荒らされた形跡はなく、玄関の鍵は施錠されていたという。

この日、長期間連絡が取れず、家賃滞納を続ける男性の生活実態を確認するため、オーナーの息子が玄関の鍵を開け、室内を確認した際に遺体を発見した。

同署は遺体はこの男性の可能性が高いとみて、事件事故両面から捜査している。

会員限定記事会員サービス詳細