米露外相会談、ウクライナ緊張緩和は未知数 協議継続を確認

会談の席に着くブリンケン米国務長官(左)とラブロフ露外相=21日、スイスのジュネーブ(AP)
会談の席に着くブリンケン米国務長官(左)とラブロフ露外相=21日、スイスのジュネーブ(AP)

【モスクワ=小野田雄一】ロシアの侵攻が懸念されるウクライナ情勢をめぐり、21日にジュネーブで会談したブリンケン米国務長官とラブロフ露外相は「外交努力を続ける重要性」で一致した。両氏は、北大西洋条約機構(NATO)の東方不拡大の確約を柱とするロシアの要求に対する回答を米国が1週間以内に文書で行い、その後に再び会談を行うことも確認。ひとまず協議が継続される形となったが、情勢の緊張緩和につながるかは未知数だ。

会談後に個別に開かれた記者会見で、ラブロフ氏は「ロシアにウクライナ侵攻の意図はない」と発言。「可能な限り、外交と対話による解決が重要だ」とも述べた。ブリンケン氏も同様の認識を示した。

一方でブリンケン氏は、NATO加盟の是非は各国の判断だとする「基本原則を守る」と述べ、ロシアが求めるNATO不拡大の確約には応じないとの従来の立場を改めて強調した。今後のロシアへの回答文書も、同様の立場を再確認するものになる見通しだ。

ロシアはNATO不拡大の確約を最重要視し、拒否された場合は「軍事技術的な措置」を取ると警告してきた。仮に、回答文書で米国が露国境付近でのミサイル配備の制限などといった一定の譲歩を示したとしても、ロシアははねつける公算が大きい。

米国の回答次第では、ロシアが要求を米国にのませようと、ウクライナ国境で進める軍備増強をより加速させる恐れは消えない。

会員限定記事会員サービス詳細