フォト特集

震度5強地域、十数人けが 九州・山口、水道管破裂も

地震で倒壊した、住宅のブロック塀=22日午前7時46分、大分市
地震で倒壊した、住宅のブロック塀=22日午前7時46分、大分市

大分県と宮崎県の一部で22日未明に最大震度5強を観測した地震後、両県内を中心にけが人や建物などの被害情報が相次いだ。九州各県や山口県でけが人や建物などの被害情報が相次いだ。気象庁は記者会見を開き、揺れの強かった地域では地震発生から1週間程度、同じ規模の地震への警戒を呼び掛けた。津波はなかった。

倒壊した住宅の門=22日午前8時39分、大分市
倒壊した住宅の門=22日午前8時39分、大分市

大分県によると、県内では計6人が負傷。大分市内では80代の男女3人が転倒などでけがを負った。市内の複数の場所で水道管が破裂した。佐伯市内で3人が軽傷を負ったほか、大分県内では停電が一時発生した。 宮崎県警によると、県内で50代女性がベッドから転落するなどして4人がけが。延岡市では街灯が折れ、高千穂町では積まれたブロックが崩れた。

水道管が破裂し、冠水した道路=22日午前2時24分、大分市
水道管が破裂し、冠水した道路=22日午前2時24分、大分市

気象庁は22日、地震の規模を当初のマグニチュード(M)6・4から6・6に、震源の深さを当初の40キロから45キロにそれぞれ修正した。

大分、宮崎で最大震度5強を観測した地震について記者会見する気象庁の担当者=22日午前3時15分
大分、宮崎で最大震度5強を観測した地震について記者会見する気象庁の担当者=22日午前3時15分
地震の揺れで酒瓶が割れた大分市内の酒店=22日午前1時10分
地震の揺れで酒瓶が割れた大分市内の酒店=22日午前1時10分
JR宮崎駅の改札口に掲示された一部運休などの案内=22日午前9時34分
JR宮崎駅の改札口に掲示された一部運休などの案内=22日午前9時34分
大分県の災害対策本部会議で発言する広瀬勝貞知事=22日午前2時32分、県庁
大分県の災害対策本部会議で発言する広瀬勝貞知事=22日午前2時32分、県庁
大分県庁で開かれた災害対策本部会議=22日午前2時32分
大分県庁で開かれた災害対策本部会議=22日午前2時32分

会員限定記事会員サービス詳細