佐渡金山「推薦手続き進めるべきだ」 自民・世耕氏

自民党・世耕弘成参院幹事長(矢島康弘撮影)
自民党・世耕弘成参院幹事長(矢島康弘撮影)

自民党の世耕弘成参院幹事長は21日の記者会見で、文化審議会が世界文化遺産の国内推薦候補に選んだ「佐渡島の金山」に関し、「淡々と手続きを進めていくべきだ。なんら海外からクレームをつけられるような中身は全くない。もし議論が出てきたらそれに対してしっかり応じていくことが重要だ」と述べ、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に推薦書を提出するよう政府に求めた。

政府はユネスコへの推薦を今年度は見送る方向で調整しているが、世耕氏は「政府は最終的に世界遺産に認定されることが重要だとしているが、(手続きを)来年にしたからといって認定される可能性が変わるわけではない。しっかり今回、(推薦書を)出すべきだ」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細