小池氏が専門家意見に反論 若年層「検査受けて」

定例記者会見をする東京都の小池百合子知事=21日午後、東京都庁
定例記者会見をする東京都の小池百合子知事=21日午後、東京都庁

東京都の小池百合子知事は21日の定例記者会見で、新型コロナウイルスに感染しても症状が比較的軽いとされる若年層について、専門家から検査の抑制を検討すべきだとの意見が出たことに関し「感染症である限り、検査を受けてもらうことが本人にとっても社会にとってもよいのではないか」と述べた。

小池氏は「心配な方は検査を受けてと言っている。検査を確実にできる体制を整えることが必要」と強調した。

また小池氏は、政府の基本的対処方針分科会の尾身茂会長が、オミクロン株対策に有効なのは「人流抑制ではなく人数制限」と発言し波紋を呼んでいることに対し「人流と接触機会の削減や不要不急の都道府県間の移動自粛は、基本的対処方針に書かれていること。われわれは法律が定める範囲内で物事を決めるしかない。国と尾身先生の間で整合性を取ってほしい」と求めた。

会員限定記事会員サービス詳細