保育施設の通園自粛要請 大阪市、業務逼迫理由に

大阪市の松井一郎市長=市役所
大阪市の松井一郎市長=市役所

大阪市の松井一郎市長は21日、新型コロナウイルスの感染急増に伴い保育施設の業務が逼迫(ひっぱく)しているとして、施設に子供を預けている家庭に対し「自宅で育てられる環境にある方は当面の間、通園をお控え願いたい」と記者団に述べた。

対象は市内の保育所や認定こども園など計788施設で、要請期間は24日から2月13日までの予定。

会員限定記事会員サービス詳細