千葉・四街道市のPR大使に「東京03」飯塚悟志さんら

千葉県の四街道市PR大使の「東京03」飯塚悟志さん(四街道市提供)
千葉県の四街道市PR大使の「東京03」飯塚悟志さん(四街道市提供)

千葉県四街道市は、市で初めてとなるPR大使に、人気お笑いトリオ「東京03」の飯塚悟志さん(48)、将棋棋士の木村一基さん(48)ら市出身の6人に委嘱したと発表した。市では、四街道の認知度向上や魅力の発信への役割を期待している。

飯塚さんは市内の南小、千代田中を卒業した。「20歳の直前までずっと四街道市で生まれ育って、48歳でこのような大役をいただき、何ができるかわかりませんが、とにかく声をかけてもらえたことが素直にうれしかったので務めさせていただくことにしました。思い出の場所は小学生時代に散々通った中央公園の市民プールと、移転する前のイトーヨーカドーです」との市民に向けたメッセージを寄せた。

木村さんは市内の八木原小時代に佐瀬勇次名誉九段に入門。「長く過ごした四街道に恩返しができるよう、また四街道を多くの方に知っていただけるよう頑張りたい」とコメント。

他に委嘱されたのは、四街道小、四街道西中時代から野球選手として活躍してきたプロ野球中日の石橋康太さん(21)、市内の山梨小時代にバスケットボールを始めた元プロバスケットボール選手で、千葉ジェッツふなばし取締役事業本部長の佐藤博紀さん(39)、市内の八木原小、千代田中を卒業した俳優の長谷川朝晴さん(49)とオートバイレーサーの山中琉聖さん(20)。19日には木村さん、佐藤さん、山中さんの3人は佐渡斉市長から委嘱状を交付された。

会員限定記事会員サービス詳細