佐渡金山推薦見送り「日本自ら招いた事態」 韓国紙報道

佐渡島の佐渡金山・道遊の割戸=新潟県・佐渡島(古厩正樹撮影)
佐渡島の佐渡金山・道遊の割戸=新潟県・佐渡島(古厩正樹撮影)

【ソウル=時吉達也】世界文化遺産の国内推薦候補「佐渡島の金山」について、日本政府が今年度の国連教育科学文化機関(ユネスコ)への推薦を見送る方向で調整に入ったことに対し、遺産登録に反発してきた韓国では「日本が自ら招いた事態だ」などと大きく報じられた。

聯合ニュースは20日、「日本、『小細工』の世界遺産登録を放棄か」との見出しで速報。朝鮮半島出身の労働者がいた明治時代以降を含めず、手工業で世界最大級の金生産量を実現したとされる江戸時代に限定した推薦内容について、「強制労働の歴史を除外しようとしたものだ」と改めて批判した。

左派系のハンギョレ紙は、外交問題が生じる案件の登録を防止する制度改革を日本が主導した経過に触れ、推薦見送りは「日本政府が自ら招いた側面が大きい」と報じた。

韓国側は2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」の展示施設をめぐり、長崎市・端島(はしま)炭坑(通称・軍艦島)での朝鮮半島出身者の戦時徴用に関する表記内容が「歴史を歪曲(わいきょく)している」と主張。佐渡を「第2の軍艦島」と呼び反発してきた。

一方、佐渡金山が昨年末、推薦候補に選定された際に「深く憂慮する」(鄭義溶(チョン・ウィヨン)外相)との立場を示していた韓国外務省は20日、報道官が「関連報道を引き続き注視していく」などと述べるにとどめた。

会員限定記事会員サービス詳細