自衛隊輸送機が豪州到着 22日にトンガへ

大規模噴火と津波があったトンガへの国際緊急援助活動として、飲料水を載せてオーストラリアに向かった航空自衛隊のC130輸送機2機のうち1機が21日午後(日本時間)、同国の空軍基地に到着した。22日午前(同)にもトンガに向かう。

2機は20日夜、国際協力機構(JICA)が準備した支援物資の飲料水5千リットルを積み込み、愛知県の小牧基地を出た。もう1機は経由地の米領グアムで整備中で、終わり次第、オーストラリアへ出発する。

火山灰を除去するための高圧洗浄機やリヤカーなど大型資材を運ぶ海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」は準備が整えば、広島県の呉基地からトンガへ向かう。

会員限定記事会員サービス詳細