ウイグル国会決議、立民は2月1日採択に向け議論

立憲民主党の泉代表
立憲民主党の泉代表

立憲民主党は20日の政調審議会で、中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの人権侵害行為を非難するための国会決議について、2月1日にも採択することを念頭に党内手続きを進めることを確認した。城井崇政調会長代行は国会内で記者団に「自民党で少しずつ決議の文言が丸められてしまい、修正案を各部会で改めて議論する。決議は上げるべきだ。前向きな対応を念頭に政調での結論を急ぐ」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細