NHK党・立花党首に有罪 情報不正入手の業務妨害

立花孝志被告
立花孝志被告

不正に取得したNHK契約世帯の個人情報を拡散するとNHK側に迫ったなどとして、不正競争防止法違反や威力業務妨害などの罪に問われた「NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で」党首で前参院議員、立花孝志被告(54)の判決公判が20日、東京地裁で開かれ、佐伯恒治裁判長は懲役2年6月、執行猶予4年(求刑懲役2年6月、罰金30万円)を言い渡した。立花被告は控訴する方針。

立花被告は「政治活動であり正当業務行為だ」などと無罪を主張していたが、佐伯裁判長は判決理由で「NHKの営業秘密を不法に取得し、人質のように利用して揺さぶりともいえる言動を公然と繰り返していた」と違法性を指摘した。

「落ち度のない契約者の個人情報を流出の危険にさらしたもので、政治活動としての許容範囲を超えている」と量刑理由を述べた一方、「経済的な利得目的があったとは認められない」と罰金刑は科さなかった。

東京都中央区議への脅迫罪も認定し「被害者に相当の恐怖を与え、軽視できない犯行」と非難した。

判決によると、立花被告は令和元年9月、NHKの集金業務を請け負う会社の元社員(28)=不正競争防止法違反罪で有罪確定=と共謀して受信契約者情報50件を不正入手し、同11月、情報を拡散するとNHKに伝え、正常な業務に支障を生じさせるなどした。

会員限定記事会員サービス詳細