大阪・生野の元貸金業男性殺害疑い、男女3人を逮捕

川崎勝哉さんが頭から血を流して倒れているのが見つかった現場の建物=昨年12月1日、大阪市生野区
川崎勝哉さんが頭から血を流して倒れているのが見つかった現場の建物=昨年12月1日、大阪市生野区

大阪市生野区生野東の住宅で昨年12月、住人の無職、川崎勝哉さん=当時(82)=が血を流して死亡しているのが見つかった事件で、大阪府警捜査1課と生野署は20日、強盗殺人などの疑いで、男女3人を逮捕したと発表した。

逮捕された3人は、会社役員、請川(うけがわ)正和容疑者(44)=大阪府八尾市山本町南=と、妻の無職、左稀(さき)容疑者(23)=同=、建築作業員、野木俊夫容疑者(58)=大阪市生野区巽北。府警は逮捕後の3人の認否や被害品の詳細を明らかにしていないが、請川容疑者は逮捕前の府警の任意聴取に対し「(川崎さん宅に)大金があると聞いていた」と説明していた。

府警によると、川崎さんは過去に貸金業を経営。実際に川崎さん宅からは多額の現金が見つかっており、府警は犯行の経緯を捜査している。

3人の逮捕容疑は昨年12月1日午前0時ごろ、川崎さん宅の2階ベランダから室内に侵入。同6時ごろ、川崎さんの顔や頭を鈍器で殴り殺害したとしている。

府警によると、川崎さんは80代の妻と2人暮らし。午前7時すぎに知人男性が訪れ、自室で血を流して倒れている川崎さんを見つけた。

事件直前、現場付近の防犯カメラが不審なダンプカーやはしごを持った男の姿を捉えており、ダンプカーのナンバープレートの解析結果などから、3人の犯行が浮上した。

会員限定記事会員サービス詳細