日本最大級の「バレンタインチョコ博」始まる

バレンタインチョコレート博覧会ではユニークな商品だけでなく装飾にこだわった売り場も楽しめる=20日午前、阪急うめだ本店(大阪市北区)
バレンタインチョコレート博覧会ではユニークな商品だけでなく装飾にこだわった売り場も楽しめる=20日午前、阪急うめだ本店(大阪市北区)

日本最大級という約3千種類のチョコレートを集めた「バレンタインチョコレート博覧会2022」が20日、阪急うめだ本店(大阪市北区)で始まった。2月14日のバレンタインデーまで開催し、見た目も華やかな国内外の商品を取りそろえている。

メイン会場の9階フロアでは、産地により異なるカカオのおいしさが楽しめる「カカオワールド」を中心に、商品をテーマごとに分けた複数のコーナーを設置。来場者はウインドーショッピング感覚で、色とりどりのチョコレートを吟味する趣向となっている。

素材に酒を使った商品を集めた「リカーチョコマルシェ」では、ウイスキーボンボンや、おつまみとして味わえるチョコレートが並ぶ。地産地消がテーマの「コミューナルチョコ」では、全国各地の果物や海産物などを組み合わせたチョコレートが目を引き、「ニッポンのチョコちから」では有名パティシエの限定商品を特集している。

同店の広報担当者は「毎年恒例のイベントで、女性だけでなく男性のお客さんも多い。これ以上集められないくらい多くのチョコレートをそろえたので、必ず目当ての一品が見つかるはず」とアピールしている。

会員限定記事会員サービス詳細