現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月19日

1872年1月、明治政府が欧米に派遣した大規模な使節団は、最初の寄港地サンフランシスコに到着した。岩倉具視を特命全権大使とするいわゆる岩倉使節団の無事を伝える電報は、実は海底ケーブルを通じて日本にもたらされた。といっても太平洋ケーブルはまだ存在しない。

▼電報はまずアメリカ大陸を横断する。大西洋ケーブルで英国、さらに欧州大陸、アジアを経てほぼ1日で、長崎に届いた。デンマークの電信会社が71年に長崎―上海間、翌年に長崎―ウラジオストク間に敷設したばかりのケーブルを早速利用したわけだ。それから飛脚などの手段により、東京に着いたのは10日後である(『通信の世紀』大野哲弥著)。

▼当時は樹脂などを銅線に巻きつけて使っていたが、現在は光ファイバーに進化している。世界中で約400本の海底ケーブルが稼働しており、インターネットを含む国際通信の99%がそれを経由している。現代社会では最重要のインフラのひとつといえる。

ランキング

  1. 【主張】日米首脳会談 同盟で台湾防衛に当たれ 日本はIPEFに積極関与を

  2. 【正論】領土欲の露骨なロシアの時代遅れ 評論家・西尾幹二

  3. 【産経抄】5月24日

  4. 【長州正論】「日本は自立への覚悟を決めよ」湯浅博特別記者

  5. 【iRONNA発】元少年Aの「性的サディズム」は本当に解消されたのか 立正大学文学部教授・小宮信夫

  6. 【浪速風】弱気の虫を吹き飛ばそう

  7. 【産経抄】1月12日

  8. 【浪速風】北、メンツ優先のツケ

  9. 【佐藤優の世界裏舞台】「日本人は諜報活動が苦手だ」というがそれは間違いだ…官邸直属の「諜報機関」を

  10. 【新聞に喝!】共産党に優しい朝日と毎日 イスラム思想研究者・飯山陽

会員限定記事