千葉の養鶏場で鳥インフル 6万6千羽を殺処分

千葉県庁
千葉県庁

千葉県は19日、同県八街市の養鶏場で高病原性の疑いがある鳥インフルエンザが確認されたと発表した。飼育している肉用鶏計約6万6千羽の殺処分を始める。同県での鳥インフルエンザの発生は今季2例目。

県によると、従業員が18日、死ぬ鶏が増えたことに気付き、県に連絡。同日の簡易検査で陽性となり、遺伝子検査で19日に疑似患畜と確認された。

会員限定記事会員サービス詳細