北京五輪、活躍見込まれるLGBTQと公表した選手たち

スピードスケートの米国五輪代表選考会に出場したブリタニー・ボウ(USAトゥデー・ロイター=共同)
スピードスケートの米国五輪代表選考会に出場したブリタニー・ボウ(USAトゥデー・ロイター=共同)

東京五輪・パラリンピックではLGBTQ(性的少数者)と公表した選手の出場数が史上最多となった。開幕が迫る北京冬季五輪でも、アイデンティティーを明らかにしたアスリートの活躍が見込まれている。

米国フィギュアスケート協会によると、ペアのティモシー・レデューク(米国)は性自認が男女のどちらでもない「ノンバイナリー」と公にした選手で初めて冬季五輪に出場する。

男女の情感を込めた演技が歴史的に評価されてきたペアに新しいスタイルを提示。パートナーのアシュリー・ケイングリブル(米国)は、五輪に結び付いた全米選手権制覇を「居場所がないと感じている全ての人々にささげたい」と述べた。

スピードスケート女子1000メートルの世界記録を持つ優勝候補ブリタニー・ボウ(米国)は、同性愛者であることを公表している。

スピードスケート女子で両性愛者のイレイン・ブスト(オランダ)は2006年トリノ五輪から4大会で計5個の金メダルに輝いている。北京五輪についてもツイッターで「準備万端」と意欲を示した。(共同)

競技一覧

北京五輪ランキング

  1. フィギュア紀平が五輪絶望 全日本欠場へ

  2. ロシアとベラルーシ選手の参加一転認めず IPC発表

  3. 声援禁止ルールはどこへ 五輪会場で感じる中国式法治の本質

  4. 北京五輪開閉会式、NHKキャスターに廣瀬アナ

  5. ワリエワ、失意の終幕 坂本「見るのがつらかった」 ドーピング問題渦中

  6. ワリエワから3種の治療薬 「極めて異例」と米紙報道

  7. 羽生“お姫様抱っこ”で締めくくり ファン大歓声 フィギュア・エキシビション

  8. 「防弾氷」でけが人続出 北京五輪、硬い人工雪のリスク

  9. 日本、銀メダル スピードスケート女子団体追い抜き

  10. 「デジタル人民元」アプリ配信開始 北京五輪開幕1カ月前

会員限定記事会員サービス詳細