岸田首相、3回目はモデルナ 交互接種の有効性強調

首相官邸に入る岸田文雄首相=19日午前(鴨川一也撮影)
首相官邸に入る岸田文雄首相=19日午前(鴨川一也撮影)

岸田文雄首相が自らの新型コロナウイルスワクチンの3回目接種で、米モデルナ製の使用を検討していることが19日、分かった。首相周辺が明らかにした。これまでは米ファイザー製を使用しており、1、2回目とは異なるワクチンを使う「交互接種」の有効性をアピールする狙いがある。

首相周辺によると、首相は「モデルナを打つ」と明言しているという。18日には官邸で記者団に「(3回目接種の)ペースアップを図るにはモデルナワクチンの活用が不可欠だ」と強調。モデルナ製を接種できる会場の増設方針を示したほか、「(交互接種の)安全性、さらには有効性について理解が進むように政府としても丁寧に説明していく」などと語っていた。

会員限定記事会員サービス詳細