東京都「酒あり9時」か「酒なし8時」選択制検討

東京都庁第一本庁舎=東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)
東京都庁第一本庁舎=東京都新宿区(佐藤徳昭撮影)

東京都が新型コロナウイルス対策として蔓延(まんえん)防止等重点措置が適用された後の飲食店への要請内容について、十分な感染対策に取り組んでいる「認証店」には、酒類を提供して営業を午後9時までとするか、酒類を提供せずに営業を午後8時までとするか選択できるようにする方向で調整を進めていることが18日、関係者への取材で分かった。

協力金の支給額には差をもうけ、「酒類提供ありで営業午後9時まで」の場合は1日あたり2万5千円、「酒類提供なしで営業午後8時まで」は同じく3万円とする方針。店の売り上げに応じて加算することも検討している。

一方、非認証店には酒類の提供停止を求めた上で、午後8時までの時短営業を要請するとみられる。

埼玉、千葉、神奈川の各県と足並みをそろえる方向で、国とも調整した上で19日に決定する。

東京都の小池百合子知事は「感染を止める一方で、社会活動をいかに止めないようにするのか、首都圏で連携して効果が出せるようにしていきたい」と述べていた。

会員限定記事会員サービス詳細