大阪初のオミクロン株死者を確認、80代男性

大阪府の吉村洋文知事
大阪府の吉村洋文知事

大阪府は19日、12日に死亡を公表した80代男性について、ゲノム解析の結果、新型コロナウイルスのオミクロン株に感染していたと明らかにした。オミクロン株での死者は府内で初めて。

府は19日、新たに6101人が感染し、90代と60代の女性2人が死亡したと発表。1日当たりの感染発表数としては最多だった。

また、新たに60代の男性1人が重症となった。18日に公表した陽性者1人を取り下げた。

府によると、自宅療養者は1万5828人。茨木市の児童施設や大阪市での会食など新たに10のクラスター(感染者集団)が発生した。1週間の陽性率は18・9%で、累計の感染者数は23万6905人、死者数は3072人となった。

会員限定記事会員サービス詳細