兵庫は重点措置「総合的に判断」へ

兵庫県庁=神戸市中央区
兵庫県庁=神戸市中央区

新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、蔓延(まんえん)防止等重点措置の適用を政府に要請するか検討している兵庫県の斎藤元彦知事は19日、要請の判断について明言しなかった。病床使用率などの基準は設けず、「総合的に判断する」と十数回繰り返した。

この日、兵庫県が発表した新規感染者数は2514人、死者は1人だった。重症者は3人。

斎藤知事は先週ごろまで、感染者の急増を受けてもコロナ禍で疲弊した経済の立て直しなどを重視し、人流抑制策に消極的だった。だが、最近ではほぼ連日、新規感染者数が過去最多を更新していることから方針を転換し、重点措置の適用を検討。一方、重症者が少ないことなどから「国は自治体にオミクロン株への対処方針を示してほしい。国が考えてほしい」と強調している。

兵庫、大阪、京都の3府県知事は19日、オンライン会議を開催。今後3府県のいずれかが重点措置の適用を要請した場合は足並みをそろえて要請することで合意した。

会員限定記事会員サービス詳細