米マイクロソフト、ゲーム大手買収 7兆9千億円、世界3位に

米マイクロソフトが買収を発表した米ゲーム大手アクティビジョンの施設=18日、カリフォルニア州アーバイン(ロイター=共同)
米マイクロソフトが買収を発表した米ゲーム大手アクティビジョンの施設=18日、カリフォルニア州アーバイン(ロイター=共同)

米マイクロソフト(MS)は18日、米ゲーム大手アクティビジョン・ブリザードを687億ドル(約7兆8700億円)相当で買収すると発表した。買収規模はMSで過去最大とみられる。規制当局などの承認を受け、2023年半ばまでに買収を完了することを目指す。

「Xbox(エックスボックス)」などのゲーム事業を強化するのが狙い。買収が完了すればMSのゲーム事業売上高は、中国の騰訊控股(テンセント)、ソニーグループに次いで世界3位になるとしている。

アクティビジョンは人気ゲーム「コール・オブ・デューティ」や「ウォークラフト」で知られ、月間利用者数は約4億人。ゲームの腕前を競う「eスポーツ」でも主要企業となっている。MSは力を入れる月額制の有料会員サービス「ゲームパス」にアクティビジョンのソフトを加え、会員増につなげたい考えだ。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細