自民・茂木幹事長、参院選の公明候補推薦へ「調整」

自民党の茂木敏充幹事長(矢島康弘撮影)
自民党の茂木敏充幹事長(矢島康弘撮影)

自民党の茂木敏充幹事長は18日夜のBSフジ番組で、夏の参院選に向けて改選数3以上の5つの選挙区で公明党に推薦を出す方向で自民県連と調整を進める考えを示した。遠藤利明選対委員長が来週までに5つの選挙区の自民県連を訪問するとの見通しを示し、「そこから最終的な調整に入っていきたい」と語った。

公明は5つの選挙区で公明候補への推薦を出すよう自民に要求。だが、昨年末までに自民側から返答がなかったとして不満を募らせており、改選数1の1人区における自民候補への推薦見送りをちらつかせる異例の事態になっている。

茂木氏は「自民は(地方)分権型の政党だ。まず各県連に丁寧に説明して理解を得る努力をする」と述べ、調整に時間を要している現状に理解を求めた。同時に「公明が『一日も早く』という気持ちはわかる。誠実に応えたい」と強調した。

5つの選挙区のうち、特に兵庫選挙区で自民県連が公明への推薦に難色を示している。茂木氏は「すでに(遠藤氏と兵庫県連が)何度か話をしており、良い方向に向かっていると思う」との認識を示した。

会員限定記事会員サービス詳細