国民民主・玉木氏「皇位の安定継承の議論必要」

国民民主党の玉木雄一郎代表
国民民主党の玉木雄一郎代表

国民民主党の玉木雄一郎代表は18日、安定的な皇位継承策に関する政府の有識者会議の報告書について「皇族数の減少という課題とあわせて、皇位の安定継承をどう図っていくかも議論しなければならない」と記者団に語った。

玉木氏は18日、各会派の代表とともに松野博一官房長官による説明を聞いた。玉木氏は、報告書について「あえて皇位の安定継承を取り扱っていない」とし、同党として会議体を設けて議論していく考えを示した。1回目の会合は月内にも開催する。

皇位継承のあり方については「基本は男系男子だ」と指摘しつつ、「(皇位継承の現状は)非常に細い1本の糸のようになっている。これまでの伝統や憲法との整合性をとりながら、解決策を見つけていくことが必要だ」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細