郵便物7千通を廃棄 ワクチン接種券も 容疑で局員逮捕

大阪府警本部=大阪市中央区
大阪府警本部=大阪市中央区

郵便物約7千通を雑木林に廃棄したとして、大阪府警黒山署は18日、郵便法違反容疑で、大阪府富田林市中野町、郵便局員、原康之容疑者(20)を逮捕、送検したと発表した。「配達するのが面倒になり、持ち帰って車に隠していた。処分に困り、捨てた」と容疑を認めているという。廃棄した郵便物には、自治体から送付される新型コロナウイルスのワクチン接種券も含まれていたという。

逮捕容疑は16日午後4時20分ごろ、堺市美原区の雑木林で郵便物約7千通を廃棄したとしている。

同署などによると、原容疑者は同区内の美原郵便局に勤務し、主に配達業務に従事。昨年秋から配達せずに隠していたという。

会員限定記事会員サービス詳細