現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

鉄道風景いまむかし

あの名作CM「ピップ」の舞台 隣の駅に廃止の波

比布駅前に設置されたピップエレキバンCMの顔出しボード=令和3年9月
比布駅前に設置されたピップエレキバンCMの顔出しボード=令和3年9月

昭和の時代、無名の小さな駅や町がテレビ番組やCMの舞台となり、全国区になることがよくあった。昭和48年にNHK番組で取り上げられた国鉄広尾線の幸福駅(北海道)は、近くの愛国駅とリンクした「愛国から幸福行き」の切符が縁起がいいと一大ブームになり、芹洋子さんが歌う「愛の国から幸福へ」という曲も発売されるほどだった。

幸福駅ほどではなかったが、同じ北海道の宗谷本線にある比布(ぴっぷ)駅も有名になった。きっかけは55年から放送された家庭用磁気治療器ピップエレキバンのCM。駅名と商品名の「ぴっぷ」つながりだった。

CMは駅のホームに女優の樹木希林さんと製造会社の横矢勲会長が立っている場面から始まる。会長が「ピップ」と言いかけると列車が音をたてて通過。通り過ぎた後、会長の「聞こえた?」という問いに樹木さんが「ううん、何にも」と答える内容だった。コミカルなノリで大人気となり、駅や地元の比布町には観光バスが押し寄せ、駅の入場券が1日千枚以上売れることもあったという。

ランキング

  1. 「ゆっくり茶番劇」第三者が商標登録、ネット炎上で使用料撤回

  2. パンダ食べ残しの竹をイカ産卵床に 和歌山・白浜AW

  3. 「交際迫った」女性切りつけ逃走、55歳男の顔写真公開 大阪府警

  4. 【小林繁伝】「日米野球」で花を咲かせた巨人・島野 虎番疾風録其の四(48)

  5. 【小林繁伝】川上勇退「心の中には正力さんがいた」 虎番疾風録其の四(49)

  6. 【小林繁伝】長嶋監督「90番」を決めた息子一茂の言葉 虎番疾風録其の四(50)

  7. 【ぬぐえぬ影 連続児童殺傷20年(上)】「命がけで来てんだよな」元少年A、直撃の文春記者に態度豹変 闇に消えたのは「モンスター」なのか

  8. 【関西の議論】17歳少女を襲った悲劇 言葉を失う子宮頸がんワクチンの副作用 「娘を助けて」母親の悲痛な叫びに…

  9. 【小林繁伝】トレード白紙、幻の「阪神・大杉」 虎番疾風録其の四(45)

  10. ゴキブリ食べさせ「ストレスのはけ口」に、実刑の元少年

会員限定記事