5G拡大で米国便欠航恐れ 全日空20便、日航8便

全日空(ANA)の機体(左奥)と日本航空(JAL)の機体=関西国際空港(恵守乾撮影)
全日空(ANA)の機体(左奥)と日本航空(JAL)の機体=関西国際空港(恵守乾撮影)

全日本空輸は18日、羽田と成田空港を発着する米国便に18日から20日にかけて最大計20便の欠航が出る恐れがあると発表した。米国の空港周辺で携帯電話の第5世代(5G)移動通信システムのサービスが始まるのに伴い、米航空機大手ボーイングから777型機の電波高度計に支障が出る恐れがあると通知を受けた。

同様の理由で日本航空も19日の旅客便3便と貨物便5便の欠航を決めたことを明らかにした。

ボーイング777は海外の航空会社も広く利用しており、影響が世界的に広がる可能性がある。

全日空で欠航の恐れがあるのは旅客便10便と貨物便10便。最新の787型機への振り替えなどで対応する方針だが、間に合わない可能性があるという。

会員限定記事会員サービス詳細