現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

「偽情報」拡散も安全保障の脅威 日本大学教授・松本佐保

松本佐保教授
松本佐保教授

国際関係は緊張の時代に

今年の国際関係は緊張の時代に突入したと言わざるを得ない。昨年までに積み上げられてきた国際問題が、一気に先鋭化する危険性をはらんでいる。

年明けは北朝鮮によるミサイル発射に始まった。ロシアとウクライナ国境には10万人規模のロシア軍が集結し緊張状態が続く。昨年末の米露電話協議では両者の主張は平行線だ。ロシアは北大西洋条約機構(NATO)拡大停止などを強硬に求め、拒まれれば軍事介入も辞さない姿勢だ。

ランキング

  1. 【産経抄】6月30日

  2. 【主張】参院選と年金 不安解消の具体的道筋を

  3. 【主張】G7サミット閉幕 対露圧力を世界に広げよ

  4. 【三重正論懇話会】北欧2カ国のNATO加盟「ロシアにブーメラン」 斎藤勉・本紙論説顧問が講演

  5. 【浪速風】やっぱり常態化した中露軍艦の「津軽」通過

  6. 【産経抄】6月29日

  7. 【浪速風】焼け石に水の「節電ポイント」

  8. 【正論】<君民の絆>の象徴・靖国神社 東京大学名誉教授・小堀桂一郎

  9. 【正論】中国論がもたらす日本国内分断 文化人類学者、静岡大学教授・楊海英

  10. 韓国の海自・旭日旗掲揚拒否問題 前統合幕僚長が明かした本音

会員限定記事