オミクロン株症状は のどに痛み、味覚障害少なく

急速に広がる新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の影響などで18日、国内の新型コロナ新規感染者数が3万人を超え、過去最多を更新した。オミクロン株は従来のウイルスより感染力が非常に強いとされる一方で、重症化しにくいとの分析もある。これまでに分かってきた特徴をまとめた。

Q どのぐらい広がっている?

A 全都道府県で感染が確認された。今月9日までの直近1週間の検査では、オミクロン株疑いの感染者が全体の8割以上を占め、1~2週間前に主流だったデルタ株からの置き換わりが一気に進んだ。

Q 感染者の増加スピードが急激だ

A 国立感染症研究所の推定では、感染者が倍増する時間を直近2週間と1週間で比較すると、東京都が1・97日から1・51日に、大阪府が1・90日から1・50日に短縮している。

Q 感染者の特徴は?

A 厚生労働省の今月10日までの集計では、30代以下の若年層が65%を占めている。全体の18%がワクチン未接種で、60%がワクチンを2回接種済みのブレークスルー感染だった。

Q 症状は?

A 広島県の感染者405人を分析したところ、発熱68%、せき52%、頭痛35%などは従来の症状と大差がない。のどの痛みや鼻水、倦怠感(けんたいかん)などは従来を上回る高い割合でみられた一方で、新型コロナ特有の嗅覚・味覚障害は低くなった。専門家は「いわゆる風邪の症状」とみている。

Q 重症化しにくいといわれている

A 厚労省の今月12日時点のまとめによると、感染届け出時に670人中661人が軽症で、中等症が8人、酸素投与が必要になる重いレベルの中等症が1人。重症はゼロだった。世界保健機関(WHO)も、のどなどの上気道に炎症を起こすものの、深刻な肺炎になりにくい可能性があると指摘している。

Q あまり心配しなくてもいいのか?

A WHOは「軽症(のウイルス)と分類すべきではない」と楽観論にくぎを刺している。政府の対策分科会メンバーも「インフルエンザとは同列に扱えない」と慎重な見方だ。重症化リスクがデルタ株の半分程度だったとしても、感染者数が3倍になれば計算上は昨夏の1・5倍の重症者数になるため、医療逼迫(ひっぱく)を危惧する声は根強い。

Q ワクチンの効果も低下するようだ

A 2回接種から6カ月程度が経過すると、感染予防効果は期待できないとの見方は強い。発症予防効果もデルタ株と比べ著しく低下しているようだ。政府は一般の高齢者への3回目接種までの間隔を6カ月に短縮し、3月から実施可能とする方針を示している。

Q 感染力の強さが社会に与える影響は?

A 全国に先駆けて感染拡大した沖縄県では、濃厚接触者となった多くの医療従事者が欠勤を余儀なくされ、医療体制の維持に支障をきたしている。自宅療養者も急増しており、介護や保育など社会生活に必要な業種でも、同様の懸念が高まっている。

会員限定記事会員サービス詳細