決して風化させぬ…コロナ禍の祈り、再び 阪神大震災27年

「1・17のつどい」で竹灯籠に明かりを灯す参加者ら=17日午前5時44分、神戸市中央区の東遊園地(門井聡撮影)
「1・17のつどい」で竹灯籠に明かりを灯す参加者ら=17日午前5時44分、神戸市中央区の東遊園地(門井聡撮影)

6434人が犠牲となった平成7年の阪神大震災は17日、発生から27年となった。発生時刻の午前5時46分を中心に、神戸市中央区の東遊園地など被災各地で追悼行事が行われた。昨年に続き、新型コロナウイルス禍で迎えた追悼の日。新変異株「オミクロン株」の感染が急速に広がる中、密を避けて規模を縮小するなど感染対策を取りつつ、人々は震災の記憶を胸に刻み、犠牲者の冥福を祈っていた。

東遊園地で行われた「1・17のつどい」では、早朝から灯籠に点灯。決して風化をさせてはいけないという意味を込めた「忘 1・17」の文字が浮かび上がった。

つどいには、遺族代表のシンガー・ソングライター、田代作人(さくと)さん(37)=大阪府茨木市=が出席。午前5時46分、震災で亡くなった姉、西田瑞恵さん=当時(17)=や犠牲者を悼み、ほかの出席者らと黙禱(もくとう)した。

東遊園地には多くの市民が訪れ、それぞれの思いを胸に竹灯籠に火をともし、静かに手を合わせた。

【フォト特集】 コロナ禍 追悼の祈り 阪神大震災27年

会員限定記事会員サービス詳細