日米首脳が21日会談へ オンライン形式、同盟強化や先端技術を議論

サキ米大統領報道官(AP)
サキ米大統領報道官(AP)

【ワシントン=塩原永久】サキ米大統領報道官は16日、バイデン大統領と岸田文雄首相が21日にオンライン形式で会談すると発表した。中国の覇権主義的な動きを念頭に、日米同盟を「インド太平洋地域と世界の平和と安全、安定の礎石だ」と位置づけて同盟強化を議論する。先端技術をめぐる経済安全保障も討議する見通しだ。

サキ氏は声明で、バイデン氏が、同盟強化や新型コロナウイルス対策、気候変動対策などで、「岸田氏と働くことを楽しみにしている」と指摘した。日米同盟をめぐっては、「自由で開かれたインド太平洋」の実現に向けた連携が議題になるという。

人工知能(AI)や半導体といった先端技術分野について、米政府は日本との連携強化を探る方針だ。こうした重要課題で、日本、米国、オーストラリア、インドの民主主義4カ国(クアッド)を通じた協力拡大も検討したいとしている。

会員限定記事会員サービス詳細