漫画に生涯ささげた「野球狂」 水島新司さん死去

水島新司さん(尾崎修二撮影)
水島新司さん(尾崎修二撮影)

野球好きでなくても「ドカベン」の名を一度は耳にしたことがあるだろう。10日に82歳で亡くなった漫画家の水島新司さんの人生は、その大部分をこよなく愛する野球漫画と草野球にささげた、まさに〝野球狂〟の一生だった。

新潟市の魚屋に生まれ、中学卒業後も問屋で働きながら合間に漫画の腕を磨いた。33年、大阪の貸本漫画でデビュー。39年に上京し、「男どアホウ甲子園」でブレークを果たした。

野球漫画に新たな風を吹き込み、今に続く「型」を作り上げた。代表作は神奈川県の「明訓高校」を舞台に、強肩強打の山田太郎ら個性的な高校球児たちが甲子園で活躍する「ドカベン」。エースと4番ばかりが活躍するのではなく、ナイン全員や裏方にまで光を当てる作風は、後進の漫画家に多大な影響を及ぼした。

「秘打・白鳥の湖」「通天閣打法」など漫画ならではの面白さを追求する一方、配球の読みなどリアルな要素を作品に導入。スポ根一辺倒だった当時の野球漫画の常識を打ち破った。野球への知識は折り紙付きで、ルールブックの盲点をついた描写などは本職の選手も舌を巻くほどだった。体形などが似ていることから香川伸行さんは「ドカベン」の愛称で親しまれ、ニックネームとして浸透した。

プロ野球との深い関わりでも知られた。もう一つの代表作「あぶさん」の舞台は、当時人気が低迷していたパ・リーグの南海ホークス。酒をこよなく愛する強打者、景浦安武(あぶさん)の活躍を描いた異色作で、野村克也さんをはじめとした実在の選手や監督が漫画に登場。人情味あふれる作風で人気を博し、パ・リーグの監督らからは「どんな形でもいい。うちの選手を出してくれ」との依頼が殺到。パ・リーグ人気の向上のみならず、プロ野球ファンの裾野拡大にも貢献した。

水島作品を読んでプロ野球を目指した球児は数知れず、「野球狂の詩(うた)」で活躍する女性投手、水原勇気に憧れて野球を始める少女も増えた。

「あぶさん」の作者だから本人も酒豪だろう…と思いきや実は下戸。プロ野球関係者と昵懇(じっこん)な関係を築き、映像化された自作に自ら出演するなど漫画以外の場でも幅広く活躍した。連載のかたわら草野球チームを率い、一時は年間100試合以上こなすなど本人が一番の「野球狂」だった。

40年以上続いた「ドカベン」「あぶさん」の両作品を完結させたうえで、令和2年に「63年間頑張って参りましたが、本日を以(もっ)て引退することに決めました」と異例の引退宣言。野球を愛し、戦後の野球界の発展とともに歩み続けた漫画家人生は、有終のゲームセットを迎えた。(本間英士)

>漫画家の水島新司さん死去 「ドカベン」「あぶさん」など


会員限定記事会員サービス詳細