「鬼滅の刃 遊郭編」第2弾キービジュアル解禁 妓夫太郎役も初登場

炭治郎・宇髄が上弦の陸に立ち向かうキービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
炭治郎・宇髄が上弦の陸に立ち向かうキービジュアル(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

フジテレビ系で放送されている「テレビアニメ『鬼滅の刃』遊郭編」(日曜後11・15)の第2弾となるキービジュアルが17日、初公開された。

また、上弦の陸(ろく)・堕姫(だき)の兄・妓夫太郎(ぎゅうたろう)役に声優の逢坂良太が決まり、16日の放送(第七話)に初登場した。

ufotable制作のビジュアルは、主人公・竈門炭治郎と音柱・宇髄天元が、二身同体の鬼の兄妹と繰り広げる戦闘の激しさを物語るようなビジュアルになっている。

逢坂は「大事な役どころを演じるのはプレッシャーではあったが、自分なりに他の役者の方々にも引っ張ってもらいながら全力で演じている」と力強いコメント。いよいよ最終局面を迎える遊郭編。炭治郎・宇髄たちの鬼殺隊はどう闘っていくのだろうか。

(産経デジタル)


会員限定記事会員サービス詳細