騒動「気まずかった」 ジョコ選手が声明

16日、オーストラリア・メルボルンのホテルを出るジョコビッチ選手(ロイター=共同)
16日、オーストラリア・メルボルンのホテルを出るジョコビッチ選手(ロイター=共同)

テニスのジョコビッチ選手は16日、オーストラリアの裁判所の決定を受けて声明を出し、新型コロナウイルスワクチンを接種していない自身のメルボルン入りが騒動になったことに触れ、「(この間)私に注目が集まっていたことに気まずい思いをしていた」と吐露した。

またファンや他の選手らに、これからは試合や大会に集中してほしいと呼び掛けた。自身は「しばらく休息を取り、回復に努める」とした。

裁判所の決定については「非常に失望した」とする一方で「決定を尊重し出国に関して関係当局と協力する」と述べた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細