ジョコ選手、国外退去 裁判所、査証取り消し支持 全豪テニス出場できず

16日、オーストラリア・メルボルンのホテルを出発するジョコビッチ選手(AAP Image提供・ロイター=共同)
16日、オーストラリア・メルボルンのホテルを出発するジョコビッチ選手(AAP Image提供・ロイター=共同)

オーストラリアの裁判所は16日、新型コロナウイルスワクチンを接種していないテニスのノバク・ジョコビッチ選手(34)=セルビア=の査証(ビザ)を再び取り消した政府の決定を支持する判断を示した。男子テニス世界ランキング1位の同選手は17日開幕の全豪オープンで大会4連覇と前人未到の四大大会21度目の優勝が懸かっていたが、出場できずに国外退去となった。

ジョコビッチ選手は声明を出し、裁判所の決定に「非常に失望した」とする一方で「決定を尊重し、出国に関して関係当局と協力する」と述べた。 ジョコビッチ選手は16日夜、オーストラリアを出国し、メルボルン空港からアラブ首長国連邦(UAE)ドバイに向け出発した。

モリソン首相は「国境を強固に保ち、オーストラリア人の安全を守るための決定を歓迎する」との声明を出した。法律の規定では、ジョコビッチ選手は今後3年間、オーストラリア入国が禁止され、来年以降の全豪出場もできなくなる。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細