現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

産経抄

1月16日

梅の木は成長が早い分、大木に育つことなく樹勢が止まる。楠(くすのき)は大きく育つものの歩みは遅い。それゆえ「梅の木学問」といえば、学ぶ速度は速くても大成せずに終わることを指し、その反対を「楠学問」という。

▼一人一人の歩幅が異なるように、学問が身に付く時間にも遅速がある。そんな当たり前のことに気付けなかったか。誰か気付かせてやれなかったか。「勉強がうまくいかず、事件を起こして死のうと思った」。逮捕された17歳の男子高校生は、そう供述したという。

▼大学入学共通テストの会場となった東京大学の前で、受験生ら3人が刺された。他人を敵視するほどに少年を歪(ゆが)ませた「勉強」とは、何なのだろう。被害に遭った人たちの心身の回復を願いつつ、凶刃の中に潜んだ負い目の正体をやりきれぬ思いで推し量っている。

ランキング

  1. 【産経抄】5月20日

  2. 【主張】処理水の海洋放出 妖怪「風評」の根を絶とう

  3. 【主張】全世代型社会保障 画餅とせず具体的工程を

  4. 【宮家邦彦のWorld Watch】コロナとテロとゴルゴ13

  5. 【産経抄】5月19日

  6. 【浪速風】偉大な棋士と若き王者のはざまで

  7. 【日曜に書く】論説委員・長戸雅子 ガラパゴスの被害者支援

  8. 【正論】人間だけが「不倫」と騒ぐ不思議 昨今「いけない」と叫ぶのは「真面目型の男たち」だ 動物行動学研究家、エッセイスト・竹内久美子

  9. 【正論】食の確保こそ安全保障の要諦だ 日本財団会長・笹川陽平

  10. 【直球&曲球】中江有里 「生きやすいコロナ禍」にするために

会員限定記事