囲碁のイロハ

基本ルールから大橋成哉七段が解説

4千年前の中国で誕生したとされる囲碁。現在も日本や中国、韓国だけでなく、欧米など世界中で親しまれている囲碁の基本的なルールを分かりやすく解説する連載「囲碁のイロハ」を始めます(第1回は16日午前10時掲載)。解説書を多数刊行する日本棋院関西総本部所属の棋士、大橋成哉七段(31)が連載を執筆。大橋七段は「20年以上続けた今も毎回新たな発見があり、知的好奇心をくすぐられる囲碁の魅力を伝えられたら」と抱負を語ります。

俯瞰する力、養う

囲碁は縦19本、横19本の線が交差する碁盤に黒、白の碁石を使って陣地の広さを競うゲーム。線が交差する361カ所の交点ならどこでも好きなところに打てる。「自由度が高い。対局は一度も同じような内容にならず、パターンは無限にある」と強調する。

ランキング

  1. <独自>奈文研の年輪年代法データ「不開示は不当」 市民団体が提訴へ

  2. 岡山で565人感染、蔓延防止適用を要請

  3. 大阪・門真のマンション一室に白骨化遺体

  4. 大阪など関西3府県、21日に「蔓延防止」要請へ

  5. 1000勝間近の「いぶし銀」、現役続行かけた対局へ

  6. 大阪府も蔓延防止適用を正式決定

  7. 高校生連れ去り監禁疑い 少年3人逮捕 滋賀

  8. ドバイ万博が集客苦戦 大阪・関西万博にも懸念

  9. 大幸薬品株がストップ安 消費者庁の再発防止命令で