津波警報受け、奄美市で避難呼びかけ トンガ噴火

南太平洋の島国トンガ沖で起きた海底火山噴火の影響で日本の気象庁が奄美群島とトカラ列島に津波警報を発令したことを受けて鹿児島県奄美市は16日未明、全住民に避難を呼びかけた。トカラ列島にある鹿児島県十島村の住民の一部も高台に避難を始めたという。

首相官邸は津波警報を受け、危機管理センターに官邸連絡室を設置した。

気象庁は噴火の影響が日本にも及ぶ可能性があるとして、日本時間の16日午前0時15分、奄美群島とトカラ列島に津波警報、北海道から沖縄までの広い範囲の太平洋岸に津波注意報を発令していた。

気象庁によると、15日午後11時55分に鹿児島県奄美市小湊で1・2メートルの津波を観測。同日夜から翌16日未明にかけて北海道~沖縄で0・2~1・2メートルの津波を観測した。一部は警報発令前に到達したとみられる。

トンガの首都ヌクアロファのあるトンガタプ島でも海岸に津波が到達、建物などが浸水した。