潮位上昇の原因は「空振」? 予想外の津波に気象庁困惑

トンガ沖の海底火山噴火を受けた津波警報発令について、記者会見する気象庁の担当者=16日未明
トンガ沖の海底火山噴火を受けた津波警報発令について、記者会見する気象庁の担当者=16日未明

南太平洋のトンガ沖で日本時間15日午後1時ごろに起きた海底火山の大規模噴火は、8000キロ以上離れた日本にも潮位変化をもたらした。気象庁は当初、「若干の海面変動の可能性がある」とするにとどめたが、噴火から約半日たった同11時55分ごろには奄美大島で1・2メートルの潮位上昇を観測。その約20分後に太平洋沿岸を中心に津波警報や注意報を「後出し」する混乱ぶりだった。なぜこのような事態になったのか。

津波なのか

火山噴火の影響でトンガ諸島周辺で津波が観測されたことを受け、気象庁も日本への津波到来の可能性を調査した。噴火から約6時間後の午後7時ごろ、気象庁は「太平洋沿岸に若干の海面変動の可能性がある」とする津波予報を発表、「津波による被害の心配はない」と判断した。

だが、気象庁の予想に反して、午後8時ごろから全国の太平洋沿岸で潮位変化を確認。午後11時55分ごろには鹿児島県奄美市小湊で1・2メートルの比較的大きい「津波」を観測したことなどを受け、気象庁は16日午前0時15分、奄美群島やトカラ列島に津波警報、全国の太平洋沿岸に注意報を発表。緊急記者会見を開き、津波警報が出された地域の住民に避難を呼びかけた。

説明にあたった気象庁の宮岡一樹・地震情報企画官は、「今回の潮位変化は、地震にともない発生する通常の津波とは異なる。津波と言っていいのか分からない」として、「津波」という表現を避けた。ただ、「防災上の観点から津波警報の仕組みを使って、防災対応を呼びかけている」と述べた。

今回の潮位変化が、通常の津波とは異なるメカニズムで発生したことが混乱をもたらした。実際の潮位変化とのズレが生じた要因について宮岡氏は、日本とトンガ間の観測点で、高い潮位変化が観測されなかったことを挙げた。

通常、津波は同心円状に伝わるため、到達時間や高さを予想できるが、今回は予想時刻より早く日本で潮位の変化が見られたため、津波かの判断ができなかった。潮位変化がみられはじめた午後8時ごろ、全国各地で瞬間的に1~2ヘクトパスカル程度の気圧上昇がみられた。2つの関係について、気象庁は「調査中」とした。

空気の振動か

専門家は、火山の噴火による空気の振動「空振」が影響したとみている。

東北大災害科学国際研究所の今村文彦教授(津波工学)は、「今回発生した波も、津波と呼べる」とした上で、火山の大規模な噴火で、空気が一瞬で押されて気圧が高くなったと分析。「海上で気圧が高くなると海水面を押し下げるため、押された海水面が元に戻ることで盛り上がり、津波をもたらしたのではないか」と分析した。

今村教授は、気象庁が予想した時間よりも早く津波が到達したのも、地震で起こる通常の津波の伝わり方より、噴火の衝撃による「空気の圧縮波の方が速く伝わるためではないか」と話した。(橘川玲奈)

会員限定記事会員サービス詳細